一度フラれても諦めずに、再度告白をするまでつないでおく方法とは

思い切って意中の彼に告白したものの、「恋愛対象としては見られない」と断られることもあります。
しかしもしも彼が「今のままの良い友達でいよう」と言ってくれたのなら、告白をするタイミングが少し早すぎただけかも知れません。
十分彼にアピールをして再度告白をすれば両想いになれる可能性もあるのです。
明日からどの様な態度を取って行けば良いのでしょうか。

 

1.気にしていないフリをする

 

告白をしたことが嘘のように明るく振る舞い、彼とも今まで通り接しましょう。
しかし飲み会の時などは敢えて遠くに座り、他に仲の良い男性と楽しそうに話します。
特に彼と仲の良い友人の男性と親しくすることで、彼は「あれ?」と思うことでしょう。
自分のことだけ好きだと思っていた女性が自分の友人と仲が良いと、なんとなく気になるものです。

 

2.自分の恋愛観をアピールしてみる

 

彼を交えて友人達と恋愛について話す機会があったら、「私は近場で動物園デートなんか大好き」「クリスマスは豪華にするよりも部屋でケーキでお祝いしたいなあ」などと、自分の恋愛観についてポロリと漏らします。
もしもあなたと付き合うことになったらということが何となくイメージできるような内容が良いでしょう。

 

3.彼に寂しさを感じさせる

 

充分に彼と親しい関係になれたら、「男の人って不思議だよね・・」「○○さんって意外と細かいことに気がつくんだね」など、彼に対して関心があることを強調しましょう。
彼が「まだ僕のことに興味があるのかな」と思う程度に触れるような内容で、なるべく会話をする機会を持つことです。
あなたと会えない時に彼が「なんとなく寂しい」と思うようになるでしょう。

 

終わりに

 

最初に「良い友達でいよう」と言われたのですから、公然と声を掛ける分には構わないのです。
会話を通して親密になったら、いつか再度告白をするチャンスもやってくることでしょう。